Japanese/english


理工学部プロジェクト研究助成金
「理工学部プロジェクト研究」助成金は,理工学部の総合研究力の向上を目指して,科研費など外部の競争的研究資金の獲得につながる研究支援をするために,平成22年度から開始されました(それまでは,各年度に理工学部特別推進研究費A(1,000万円以下),B(300万円以下),C(100万円以下)を交付していました).

研究期間は2年間,初年度1,000万円,次年度500万円の研究費を配分し,毎年,2件を募集しています.

プロジェクトメンバーは複数学科によって構成することを応募条件としており,学科横断的な研究の推進を図っています.競争的資金の獲得に繋がる研究支援を行うという支援目的から,応募段階において,次のような条件を課しています.

1.競争的研究資金を獲得するため,研究2年度目から5年間は科研費の特定領域研究,新学術領域研究,基盤研究及びそれに準ずる省庁,民間等の外部資金に申請を行うこと.
2.「理工学部プロジェクト研究」の成果は,研究終了後1年以内に『理工学研究所研究ジャーナル』総合論文に投稿するとともに,理工学研究所の講演会等で報告すること.
3.プロジェクトチームのうち最低1名は,プロジェクト開始後2〜3年の間に全国大会(国際学会を含む)レベルの学会および学会誌等で,プロジェクト研究の成果を公表すること.
4.学会および学会誌で発表する場合は,理工学部の助成を受けている旨,必ず明記すること.

この他,詳細な規定は研究事務課のホームページにて確認できます.

 
平成28年度理工学部プロジェクト研究助成金
以下の通り採択されました.
 
開始年度研究課題名研究代表者金額(千円)
平成28年度 表面プラズモンを利用した高効率光熱変換および光水素変換に関する研究高瀬浩一(物理学科・助教)10,000
平成27年度 海洋空間の有効利用のための超大型浮体式構造物に関する調査研究畔柳昭雄(海洋建築工学科・教授)4,980
光子検出技術高度化のための要素技術に関する研究行方直人(量子科学研究所・助教)5,000
 
過去5年の理工学部プロジェクト研究助成金
過去5年に交付された理工学部プロジェクト研究助成金は以下の通りです.
 
開始年度研究課題名研究代表者
平成27年度 海洋空間の有効利用のための超大型浮体式構造物に関する調査研究畔柳昭雄(海洋建築工学科・教授)
光子検出技術高度化のための要素技術に関する研究行方直人(量子科学研究所・助教)
平成26年度 環境測定を目的とした脳波制御の小型高機能ロボットの研究齋藤 健(精密機械工学科・助教)
認知症予防を見据えたミャンマー産未利用天然素材中の神経活性化成分の探索と作用機構解析仁科淳良(物質応用化学科・教授)
平成25年度「東日本大震災復興を契機とした地域の固有性・多様性に応える地域再生と復興住宅等の建築設計に関する研究〜宮城県石巻市雄勝町を対象として〜」山中新太郎(建築学科・助教)
平成24年度「ニューラルネットワークを搭載した昆虫型MEMSマイクロロボットの研究」内木場文男(精密機械工学科・教授)
「震災瓦礫を用いた高減衰性能を有する新しい地盤材料の開発及び実用化に関する研究」酒匂教明((短)建築・生活デザイン学科・専任講師)
平成23年度ナノ・マイクロバブルの発生と応用に関する研究鈴木 薫(電気工学科・教授)
NKT細胞活性化能を有する発酵食品及び天然物の探索と化学構造解析櫛 泰典(物質応用化学科・教授)
中国西部地域における気象変動に応じた省エネルギー住宅構想吉野泰子(短期大学部建設学科・教授)
 

日本大学
日本大学理工学部理工学研究所
〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
TEL: 03-3259-0929(研究事務課)

e-mail: skenkyu@adm.cst.nihon-u.ac.jp