Japanese/english


競争的研究資金
理工学研究所は,文科省・科研費はもとより,省庁やJST等が公募する競争的研究資金,あるいは,私立大学戦略的研究基盤形成支援事業など,大学が窓口となって研究者が国と連携して研究を進める研究について,研究事務課とともに事務的支援,あるいは,講演会の開催等の支援を行っています.

競争的資金の獲得は,研究の発展,大学院教育の充実等にとって重要となりますので,今後もより効果的な支援をしていきたいと考えています.

【外部資金】
平成28年度科研費
理工学部及び短期大学部の教員等が研究代表者として獲得した科研費は,年度当初で93件(うち,短大4件),直接経費総額115,430,055円(延長分を除くと109,030千円),間接経費込みでは総額147,929,055円(延長分を除くと141,529千円)でした.研究代表者と研究題目は以下の通りです.
新規・学部(30件+転入1件)
研究種目名学科等職名氏名研究課題名
1 基盤研究(B)(一般) 交通システム工学科 教授 轟 朝幸 安心安全運航のための水上飛行機離発着場整備に関する研究
2 基盤研究(B)(一般) 応用情報工学科 助教 山口 健 3次元物体の質感が表現可能な体積型ホログラムプリンタの開発
3 基盤研究(C)(一般) 一般教育 教授 鈴木 徳一 カタストロフ複雑系現象としての地震活動:相関、ダイナミクス及びネットワーク表現
4 基盤研究(C)(一般) 一般教育 教授 中原 明生 ペーストの記憶の外的擾乱に対する非線形応答を用いた破壊と材料物性の制御
5 基盤研究(C)(一般) 一般教育 准教授 五十嵐(黒田) 友紀 キャパシティ・ビルディングとしての教師の専門性の開発と学校改善の研究
6 基盤研究(C)(一般) 一般教育 助教 渡邉 健太 K3曲面に含まれる曲線状の半安定束に対するブリル・ネーター理論とその周辺
7 基盤研究(C)(一般) 土木工学科 教授 高橋 正行 階段状水路におけるnonaerated skimming flowの特性
8 基盤研究(C)(一般) 建築学科 准教授 冨田 隆太 鉛直振動を対象とした評価方法と評価ランクに関する研究
9 基盤研究(C)(一般) 建築学科 准教授 山中 新太郎 漁村小集落における被災から高台移転までの居住地変遷とコミュニティの再生の研究
10 基盤研究(C)(一般) 海洋建築工学科 特任教授 増田 光一 津波による漂流物が建築物に与える衝撃荷重特性と被災規模の定量的評価
11 基盤研究(C)(一般) まちづくり工学科 准教授 阿部 貴弘 近世城下町町人地における水系の設計論理に関する基礎的研究
12 基盤研究(C)(一般) 機械工学科 教授 木村 元昭 DBDプラズマアクチュエータ支援による噴流制御とバーナー火炎の安定性
13 基盤研究(C) (一般) 機械工学科 准教授 山田 高三 知能化工作機械のための表面性状予測機能の開発
14 基盤研究(C) (一般) 精密機械工学科 教授 今井 郷充 微細表面構造を持つパリレン膜流路と操作用磁気プローブを組合わせた流体デバイス
15 基盤研究(C)(一般) 精密機械工学科 准教授 松田 礼 車両と遊戯施設の水平振動を対象とした振動感覚に及ぼす音の影響に関する研究
16 基盤研究(C)(一般) 応用情報工学科 教授 吉川 浩 計算機合成ホログラムの画質評価方法に関する研究
17 基盤研究(C)(一般) 応用情報工学科 准教授 香取 照臣 車種を考慮した運転整理ダイヤの自動作成法
18 基盤研究(C)(一般) 物質応用化学科 教授 西宮 伸幸 光照射で水素を放出する水素貯蔵材料
19 基盤研究(C)(一般) 物質応用化学科 教授 遠山 岳史 噴霧乾燥法による高濃度ケイ酸水溶液からのシリカマイクロカプセルの創製
20 基盤研究(C)(一般) 物理学科 准教授 浅井 朋彦 低周波波動印加による超高ベータトーラスの加熱および電流駆動法の開発
21 挑戦的萌芽研究 電子工学科 教授 山本 寛 一本の単層カーボンナノチューブに金属/半導体接合を作り込む革命的作製手法の確立
22 若手研究(B) 一般教育 助教 石部 尚登 ベルギーの2つの民族運動における言語の役割についての研究
23 若手研究(B) 一般教育 助教 久保田 直樹 不規則媒質から乱歩へ波及する揺らぎ
24 若手研究(B) まちづくり工学科 准教授 川田(押田)佳子 湘南地方サナトリウムにみる近代メディカルツーリズムによる観光まちづくり
25 若手研究(B) 機械工学科 准教授 飯島 晃良 超希薄・高圧燃焼における衝撃波と自着火の相互作用
26 若手研究(B) 精密機械工学科 助手 高藤 美泉 積層セラミック磁気回路を用いたMEMS発電機の開発
27 若手研究(B) 電気工学科 助教 星野 貴弘 スマートデバイスを利用した加速度運動実験支援システムの開発と応用に関する研究
28 若手研究(B) 電子工学科 助手 呉 研 耐放射線照射性に優れた新規トンネルFETの動作実証
29 若手研究(B) 量子科学研究所 助手 境 武志 テラヘルツ波のパルス蓄積による高強度化に関する研究
30 特別研究員奨励費 建築学科 特別研究員(PD) 久保 真紀子 クメール寺院建築における出入口の図像表現とその配置構成
31 特別研究員奨励費 電子工学科 特別研究員(DC2) 吉川 大貴 超短時間多層磁性薄膜内エネルギー散逸過程と全光型磁化反転機構の解明
継続・学部(48件+転入3件)
研究種目名学科等職名氏名研究課題名
1 基盤研究(B)(一般) 交通システム工学科 教授 居駒 知樹 ピッチ制御機構を有する浮体式垂直軸型水車の耐海水・生物付着性能を考慮した実証研究
2 基盤研究(B)(一般) 航空宇宙工学科 教授 宮崎 康行 大型ゴッサマー多体宇宙構造物の運動予測法の確立と運動の理解
3 基盤研究(B)(一般) 航空宇宙工学科 准教授 阿部 新助 流星・火球の高精度分光観測と軌道決定による隕石の母天体小惑星探査
4 基盤研究(C)(一般) 一般教育 准教授 佐甲 徳栄 人工原子における光閉じ込めと光・電子の協奏ダイナミクス
5 基盤研究(C)(一般) 一般教育 准教授 武村 一雄 再生核理論を用いたソボレフ不等式の最良評価とその応用
6 基盤研究(C)(一般) 一般教育 教授 山崎 晋 D加群の近接輪体の一般化と境界値問題への応用
7 基盤研究(C)(一般) 土木工学科 教授 梅村 靖弘 放射性廃棄物処分施設用セメント系人工バリアの超長期安定性に及ぼす有機物の影響
8 基盤研究(C)(一般) 土木工学科 教授 金子 雄一郎 都市鉄道ネットワークの耐災害性に係る脆弱性及び接続性評価手法の開発とその適用
9 基盤研究(C)(一般) 土木工学科 教授 小林 義和 材料の速度異方性を考慮したAEトモグラフィ法の開発
10 基盤研究(C)(一般) 土木工学科 専任講師 長谷部 寛 風と木材燃焼の連成解析に基づく林野火災シミュレーション法の開発
11 基盤研究(C)(一般) 交通システム工学科 教授 佐田 達典 衛星測位における鉛直方向精度向上手法に関する研究
12 基盤研究(C)(一般) 海洋建築工学科 教授 畔柳 昭雄 洪水常襲地帯における水防建築の空間的設えと生活様式のあり方に関する研究
13 基盤研究(C)(一般) 海洋建築工学科 教授 近藤 典夫 くい違い2円柱の流力振動および作用する流体力特性に関する数値的研究
14 基盤研究(C)(一般) 海洋建築工学科 准教授 大塚 文和 東京湾奥部における放射性物質の実態およびその長期的予測に関する研究
15 基盤研究(C)(一般) 海洋建築工学科 准教授 岡本 強一 海の除染:マイクロバブルと微生物を利用した海底堆積汚泥からの放射性セシウムの除去
16 基盤研究(C)(一般) まちづくり工学科 教授 田中 賢(転入) 発達障害児の危険回避策に関する研究
17 基盤研究(C)(一般) 機械工学科 教授 堀内 伸一郎 微分ゲーム理論を応用した非線形制御系の解析的検証手法の開発とその応用
18 基盤研究(C)(一般) 機械工学科 教授 渡辺 亨 想定を超える地震動に対抗しうる構造制振システムの構築
19 基盤研究(C)(一般) 電気工学科 教授 大貫 進一郎 古典・量子混合物理計算による光物質相互作用の解明と光直接記録への応用
20 基盤研究(C)(一般) 電気工学科 教授 三浦 光 複合振動を用いた新しい超音波加工の原理解明に関する研究
21 基盤研究(C)(一般) 電子工学科 助教 金 炯秀 社会人・地域住民向け3次元CAD設計技術者養成を目指した環境構築と教材開発
22 基盤研究(C)(一般) 物質応用化学科 教授 大月 穣 耐光性に優れた新規長波長色素の合成,分光特性,応用
23 基盤研究(C)(一般) 物質応用化学科 准教授 浮谷 基彦 抗がん剤の副作用低減を目指した天然物アミノ酸誘導体の合成
24 基盤研究(C)(一般) 物理学科 教授 高瀬 浩一 空間制御型抵抗変化メモリの創成とスイッチングメカニズムの解明
25 基盤研究(C)(一般) 数学科 教授 河野(平田) 典子 数論的多重対数予想の解決を担う新しい直交多項式系の創成とパデ近似
26 基盤研究(C)(一般) 数学科 研究所研究員 松元 重則 葉層構造と力学系の研究
27 基盤研究(C)(一般) 数学科 教授 吉開 範章 説得心理学に基づくコンピュータウィルス対策に関する研究
28 基盤研究(C)(一般) 数学科 教授 善本 潔 Thomassen予想とTutte閉トレイル問題の研究
29 基盤研究(C)(一般) 量子科学研究所 助教 行方 直人 正弦電圧ゲート動作型シリコン雪崩フォトダイオードによる光検出に関する研究
30 基盤研究(C)特設 数学科 教授 河野(平田) 典子 ディオファントス方程式の変換とクリプトシステム原理の新展開
31 挑戦的萌芽研究 一般教育 准教授 難波 秀行(転入) GPSおよび加速度計と連動した身体活動促進
32 挑戦的萌芽研究 土木工学科 教授 野村 卓史 風による飛来物の飛翔解析法の開発と衝撃力の評価
33 挑戦的萌芽研究 交通システム工学科 教授 轟 朝幸 水上飛行機の離発着場整備に関する基礎調査
34 挑戦的萌芽研究 数学科 准教授 小紫 誠子 海底熱水系の超臨界流体モデルによる数値解析
35 若手研究(A) 電気工学科 助教 大隅 歩 超高強度超音波によるコンクリート浅層の微小き裂の非接触非破壊イメージングへの挑戦
36 若手研究(A) 物理学科 助手 前田 穂 次世代MRI装置を実現するMgB2線材技術の開発
37 若手研究(B) 交通システム工学科 准教授 伊東 英幸 タイ・コンケン市における生物多様性ポテンシャルマップの作成と活用施策の提案
38 若手研究(B) 交通システム工学科 助教 池田 隆博 複数衛星系を用いた高精度測位のための誤差電波検知による衛星選択手法の構築
39 若手研究(B) 交通システム工学科 助教 稲垣 具志 視覚障害者の横断支援性を有する生活道路交通安全施設の実現に向けた実証的研究
40 若手研究(B) 交通システム工学科 助教 齊藤 準平 損傷した実構造物コンクリートのひび割れ面積比による塩分浸透特性評価法の構築
41 若手研究(B) 機械工学科 准教授 河府 賢治 超音波定在波および進行波を利用した混合粒子の分離と分級
42 若手研究(B) 航空宇宙工学科 助教 山ア 政彦 データ駆動型モデリングによる大型膜面展開宇宙構造物の形状・ダイナミクス推定
43 若手研究(B) 電気工学科 助手 淺見 拓哉 面状軌跡の振動を用いた新たな超音波接合法への挑戦
44 若手研究(B) 電子工学科 助手 永田 知子 電子型強誘電体YbFe2O4電荷秩序相の原子レベル完全制御
45 若手研究(B) 応用情報工学科 准教授 松野  裕 概念モデルとアシュアランスケースによる国際機確認証ドキュメント生成に関する研究
46 若手研究(B) 応用情報工学科 助教 五味 悠一郎 協調学習と作問学習とブレンディッドラーニングを融合させたSNS型学習支援システム
47 若手研究(B) 物質応用化学科 助教 須川 晃資 銅ナノ構造体の光アンテナ能を最大限に活かした光エネルギー変換系の高効率化
48 若手研究(B) 物質応用化学科 助教 星 徹 中空球状バクテリアセルロースの生産性向上と材料特性評価
49 若手研究(B) 数学科 准教授 安福 悠 Vojta予想解決に向けた代数多様体上の整数点と数論的力学系の研究
50 若手研究(B) 機械工学科 助教 安藝 雅彦(転入) マルチボディ・有限要素の統合モデル化に基づくクラックのインテリジェント検出
51 研究活動スタート支援 量子科学研究所 助手 大谷 聡 量子力学の錯乱問題から共形状理論の相関関数へ
延長・学部(7件)
新規・短大(1件)
研究種目名学科等職名氏名研究課題名
1 基盤研究(C)(一般) 建築・生活デザイン学科 准教授 酒句 ヘ明 スウェーデン式サウンディング試験データを直接利用した宅地の液状化判定
継続・短大(2件)
研究種目名学科等職名氏名研究課題名
1 基盤研究(A) 一般教育 教授 山口 雄仁 理数系をはじめとするデジタル教科書をバリアフリー化するシステムの研究
2 基盤研究(C)(一般) 建築・生活デザイン学科 教授 羽入 敏樹 安全で高品質な音響空間創造のための散乱係数測定法の開発
延長・短大(1件)
研究種目名学科等職名氏名研究課題名
1 挑戦的萌芽研究 生命・物質化学科 准教授 上條 治夫 視覚障害者自らが化学構造式を理解するために必要なソフトウェアの開発に関する研究

過去3年の科研費
過去3年の科研費の獲得件数と総額(研究代表者分のみ)は以下の表の通りです.各年度のところをクリックすると,詳細をご覧いただけます.
年度件数直接経費総額(千円)間接経費総額(千円)経費総額(千円)
2015年度(平成27年度)最終92129,96537,170167,135
2014年度(平成26年度)当初84107,40032,220139,620
2013年度(平成25年度)最終79112,40032,760145,160
 

日本大学
日本大学理工学部理工学研究所
〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
TEL: 03-3259-0929(研究事務課)

e-mail: skenkyu@adm.cst.nihon-u.ac.jp