Japanese/english


理工学部研究助成金
【cst applied science】 「理工学部研究助成金」は,平成27年度まで設けられていた,「理工学部応用科学研究助成金」と「理工学部基礎科学研究助成金」を統合し,平成28年度から設けられた学内の研究助成金です.

この助成金の目的は,人文・社会科学を含む理工学部の研究への取組を支援するとともに本学部の研究力の向上を図り,ひいては科学研究費助成事業(科研費)の基盤研究などの学外資金獲得を本学部内の研究者に目指してもらうことにあり,一言でいえば,研究者の研究レベルをワンランク上げるための研究費です。

また,理工学部の研究レベルの底上げによるプレゼンス向上を図るための研究費と捉えています。科研費の基盤研究(C)や同等の委託研究を獲得している,あるいは,獲得したことがあるようなレベルの研究者に対し,基盤研究(C),委託研究等を連続して確実に取れるレベルを狙ってもらうための研究費であり,基盤研究(B)を狙ってもらうことも視野に入れています.

この助成金には,助成金額が100万円以内の「研究助成A」と,300万円以外の「研究助成B」の2種類があり,どちらも研究期間は1年間です.件数はそれぞれ3件以内となっています.また,同一研究者による採択は,「研究助成A」は3回まで,「研究助成B」は2回までとなっています.

競争的資金の獲得に繋がる研究支援を行うという支援目的から,応募段階において,次のような条件を課しています.

1.競争的研究資金を獲得するため,研究終了後5年間は科研費及びそれに準ずる省庁,民間等の外部資金に申請を行うこと.
2.研究助成金による成果は,研究終了後1年以内に『理工学研究所研究ジャーナル』あるいは学会誌に投稿するとともに,理工学研究所の講演会,学会等で報告すること.ただし,その場合は,理工学部の助成を受けている旨,必ず明記すること.
3.本学が指定する研究倫理教育を修了していること.

この他,詳細な規定は研究事務課のホームページにて確認できます.

 
平成28年度理工学部研究助成金
以下の通り採択されました.
研究助成A(1件につき100万円以内)
年度研究課題名研究代表者金額(千円)
平成28年度 自己組織化された有機シェル層を持つ新規ハイブリッド型固定触媒による水中での有害塩素化合物の還元的脱塩素処理米田哲也(一般教育・専任講師)920
ベルギーのワロン運動における言語の役割についての研究石部尚登(一般教育・助教)1,000
積層セラミック磁気回路の導入による小型MEMS電磁モータの開発藤美泉(精密機械工学科・助手)1,000
合   計2,920
研究助成B(1件につき300万円以内)
年度研究課題名研究代表者金額(千円)
平成28年度 超音波照射による固液混合材料の記憶の消去と材料の破壊強度の強化への応用中原明生(一般教育・教授)3,000
「知」の出現・発展モデルの定式化相馬 亘(一般教育・准教授)3,000
天然抗がん分子の低副作用化に向けた配糖体の剛性浮谷基彦(物質応用化学科・准教授)2,570
合   計8,570
 

日本大学
日本大学理工学部理工学研究所
〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
TEL: 03-3259-0929(研究事務課)

e-mail: skenkyu@adm.cst.nihon-u.ac.jp